2012年

12月

03日

34)第2回 摩訶大将棋ワークショップ(2012年12月8日)

摩訶大将棋のルールは会場にて冊子を用意しています。初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。午後4時ごろまで受け付けをしています。

 

第2回 摩訶大将棋ワークショップ
--------
日時:2012年12月8日(土)10:00~17:00(受付:9:40~16:00)
場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階小ホール(京阪電車寝屋川駅下車:徒歩3分)

参加費:無料
主催:ゲーム学会
--------

 

プログラム(予定)

 

セッション1(10:00~11:00)
------------
摩訶大将棋の模擬対局
甲斐誠也、田村一樹、大野 峻

 

摩訶大将棋用デジタル将棋盤の製作
福井俊介、海林元樹

 

デジタル摩訶大将棋の開発
飯田 聡

 

古文書で読み解く摩訶大将棋
高見友幸

 

セッション2(11:00~17:00:休憩随時)
------------
摩訶大将棋の対局体験
大型将棋に関する意見交換・談話会

 

対局に使用する盤と駒:次の3セットを用意しています。

杉の将棋盤&黄楊の駒
檜の将棋盤&楓の駒
紙の将棋盤&杉の駒

 

この他、デジタル将棋盤も展示します。駒の行先表示や相手駒の効き表示が実装される予定です(現在開発中)。

 

また、Androidタブレットのタッチパネル上で動作するデジタル摩訶大将棋も
用意しています。21インチ・タッチパネルのタブレットを使用予定です。

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    mizo (火曜日, 04 12月 2012 07:46)

    今週ですか!

  • #2

    長さん (火曜日, 04 12月 2012 09:11)

    セッション2「大型将棋に関する意見交換・談話会」ですか?
    同日・ほぼ同時刻の8日13時30分~14時30分頃、こちらは
    東京(東)の電気通信大学校内(東京の調布)で、株式会社ねこまど
    の北尾まどか氏が、「(日本)将棋が面白い理由」を、レクチャー
    しているという「巡りあわせ」が面白いですね。大型将棋に関する
    意見としては、「ゲームとして存在が、社会に認知されるまでに、
    今後なるのかどうか」というのが、大きなテーマとして有ると思う
    のですが、存在が確定するかどうかが、「面白い日本将棋」に、
    完全に潰されないかどうか、によるのではないのかと思われますね。

  • #3

    T_T (水曜日, 05 12月 2012 00:19)

    マニュアルをお送りするのが遅れています。すいません。明日メール添付にてお送りします。

    摩訶大将棋、やればやるほど、面白いです。将棋よりはチェスに近いかと。チェスよりも面白いかも知れません。踊り駒のjump and eat(飛び越した駒を捕獲できる)、奔駒の1目2目の越(合駒の効かない王手)、摩羯と鉤行の2回走り、といった存在が大きいです。やはり、将棋とはかなり違います。実際に指されていたことは確実でしょう。長考なしで指すのがいいと思います。秒読み20秒、10回程度で。

  • #4

    mizo (水曜日, 05 12月 2012 23:11)

    何とかやりくりして参加させていただきたいと思います。
    よろしくお願いいたします。

  • #5

    長さん (木曜日, 06 12月 2012 09:45)

    >奔駒の1目2目の越(合駒の効かない王手)、・・・、といった存在が大きいです。

    そうですか。
    その「走りの升目に制限のない大局将棋の鳩槃型奔駒」は、相手に
    作らせるように指すと、終盤、相当にヤバイようですね。

  • #6

    長さん (月曜日, 10 12月 2012 09:56)

    東京の電気通信大学の株式会社ねこまど、北尾まどか氏の講演内容は
    「日本将棋の面白さは、持ち駒ルールによる」との、ほぼ当たり前の
    内容でした。伊藤毅志助教により、そのフレーズ繰り返しと、5五将
    棋にからませてのダメ押し強調がありました。なお本、高見研究室の
    摩訶大将棋の紹介スライドが、詳細内容の説明はなしに、一枚だけ紹
    介掲示されました。㈱ねこまど取扱商品関連との事のようです。
    以上簡単ながら、東京の電気通信大学12月8日の方の御報告まで。

  • #7

    T_T (火曜日, 11 12月 2012 02:08)

    情報ありがとうございます。
    摩訶大将棋、少しでも話題にしていただきましたら、それは有難いことです(詳しい説明は発表タイトルが本将棋関連ですのでやはり無理かと)。

    ただ、駒の方はかなり売れるのではと予想しています。摩訶大将棋は、まだ信じていただけないかとは思いますが、非常に面白い将棋です。この件近いうちに投稿いたします。

    また、仏教を表現した、とも言える将棋です。提婆(だいば)が教王になれば、無明(むみょう)が法性(ほっしょう)になれば、勝つことができます。でなければ勝つのはなかなかです(実力差があれば、どういうふうでも勝てますが)。実は、すごいボードゲームでした。指せば指すほどにそうです。