2012年

4月

17日

00)大峰奥駈75靡のブログを始めます

今週から始めます。よろしくお願いします。

 

先行している摩訶大将棋のブログがあり、そちらが一段落してからと思っていました。が、摩訶大将棋はかなり奥が深く、まだまだ終わりそうにありません。大峰奥駈75靡のブログの方もゆっくりのんびり始めようと思います。

 

ゴールはぼんやりしていますが、はじめの方向は決まっていて、大峰奥の75靡と行場を順番に訪ねていこうというものです。ただ、このときデジタル技術を援用します。ひとまずGPSとスマートフォンを使ってと考えていますが、その後の状況で、いろいろ追加変更していく予定です。

 

大峰は高校・大学の頃とかなりいろいろな場所に入いりました。ただ、その頃は難なく行けた場所でも、今はもう行けなくなっている所がたくさんあると思います(体力的にも技術的にも)。靡の場所ということは全然意識せず通りすぎていました。当時はエアリアマップという山の地図のシリーズがあり、どの山域に行くときにもこのシリーズを使っていました(だからまだ名前を覚えているわけで)。大峰は仲西政一郎さんが執筆していましたが、ルートの解説文は全部よかったです。

 

エアリアマップの地図には、小笹の宿とか楊枝の宿とか、そういう文字がたぶん入っていたと思いますが、何も気にしていませんでした。とにかくその頃は山頂と沢筋の滝の数、滝の高さだけが問題でしたので。

 

では、とにかくのんびりはじめて行こうと思います。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山彦 (水曜日, 21 1月 2015 17:54)

    字が間違っている。
    正解は駈

  • #2

    T_T (木曜日, 22 1月 2015 11:06)

    ご指摘ありがとうございます!
    ずっと摩訶大将棋の方ばかりになってますが、これを契機に奥駈道を小刻みに歩いて行こうかと思います。単独行ですので、今となっては冒険に近いです。もう秋は無理ですね、雪がなくなってから夏前までだろうかと。