2013年

7月

17日

19)無常という事: 小林秀雄

以前は、ほとんどの学生が小林秀雄を知っていたと思います。よく入試問題になっていたからです。高校生にとっては、その文章はむずかしすぎてよくわからないわけですが、そのことが逆に勉強しているんだという気持ちには良かったのかもです。今は入試問題の傾向がどうなのかよくわかっていません。学生にとってはレトロな存在になってしまったのかどうか。


文章ははっきりと書いてあるのに内容がよくわからないというのは、まあそれはそれで、数学の難問集的な趣きです。ともあれ、小林秀雄の有名な評論を一度読んでみるのはどうでしょう。そのあとで、ごく最近の雑誌なのですが、「考える人:特集 小林秀雄」を買ってみる。この雑誌の付録には酔っ払いの小林秀雄の対談CDがついています。これがすごくいいです。