2013年

7月

18日

63)問題1: 先手の無明は法性に成れるでしょうか?

下図は今日の夕方の指しかけの盤面、先手▲Ki金剛と前方に跳び、後手の奔王と悪狼に当てたところです。ここまで497手、途中5分ほどの休憩をはさんで1時間半ぐらい指しました。先手はHjの無明を法性に成らすことができるでしょうか?

 

どうぞ答えをお寄せ下さい。この指しかけの盤面は、後日続きを指しまして、結果をまた投稿します。たとえば、次のような展開は十分あり得るでしょう。▲Ki金剛で、以下、


△Hh師子
▲Kf金剛成り(奔王と悪狼を取る)
△同龍馬
▲Ik師子
△Gj歩兵成り(歩兵が取られる)
▲同無明・法性に成る <------------ *1


と進めると、先手だめです。この場合、最終的には後手が法性を持つことになります。つまり、以下、


△同羅刹・法性に成る
▲同羅刹・法性に成る
△同左車・法性に成る
▲同鳳凰・法性に成る
△同龍馬・法性に成る
▲同師子・法性に成る
△同師子・法性に成る
▲Fi夜叉・法性に成る
△同鉤行・法性に成る <------------ *2


無明を法性に成らせる手は(上記*1)、もちろん、最終的に法性が先手側に来ると読んだからですが、この場合、鉤行の利きを見落としていたというケースです(上記*2)。遠くの鉤行を見落とすのはよくあるケースで、特に中盤は気づきにくいものです。


先手は上記*1の手ではなく、たとえば、▲Ai飛車として、Fiの位置に1枚利かせておく手でしょうか?

 

いえ、そうではありません。もっといい手があり、先手が法性に成れます(たぶん、です。まだきちんと読んでいません)。つまり、ここまでの読み筋では、△Gj歩兵成りが時期尚早だったということになります。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    長さん (金曜日, 19 7月 2013 11:35)

    局面。後手のGi位置の歩兵が相当悪形であり、後手忙しい局面だと
    思います。Gi位置への効き駒は、先手がGj位置の歩兵、Hj位置の
    無明、Hr位置のまかつ。後手が、Gg位置の獅子、影足のIe位置の
    まかつ、同じく影足のQc位置の鉤行。このまんまで、後手▲Gi無明
    成を許すと、「法性は先手のものにはならない。」と思いますが、
    大事な点は、鉤行、まかつを犠牲にした上の、後手の法性入手なため、
    「全体としては、先手に鉤行が残る分、先手が有利になった感じ」です。
    後手にできる法性には、先手は今Gm位置に居る獅子で、対応すれば
    たぶんディフェンスできるため、
    「後手に法性が有っても、後手有利ではない。」のではないでしょうか。
    御説明のように進むケースも、
    ▲Ik師子ではなくて、▲Il龍馬とすると、同じ結果のように
    思いますし。後手難しいですね。どうするんでしょう。
    △Hh師子▲Kf金剛成△同龍馬▲Il龍馬のあと、△Lk右車成
    ▲Mj羅刹成で、先手の守り駒を一枚少なくしてから、△Gj歩兵成
    とでも、試にしてみるんでしょうかね。