230)摩訶大将棋展2018 Spring:2018年3月16日〜18日

摩訶大将棋展2018 Springのお知らせです。ひとまず、日程と場所を投稿します。

内容は、順次ここに書き加えていきます。

 

日時: 2018年3月16日(金)13:00〜18:00(初日は午後1時からです)

         3月17日(土)11:00〜18:00

         3月18日(日)11:00〜18:00

 

場所: 「ならまち村」ギャラリー(奈良市南市町14-1)

入場料: 無料

 

主催: 日本摩訶大将棋連盟

後援: ゲーム学会

協力: 大阪電気通信大学 高見研究室

お問い合わせ先: takami@maka-dai-shogi.jp

 

ポスター展示&解説:

 今回は3日間の展示です。時間は十分ありますので、学術的な解説もカバーできそうです。取り扱うテーマは、将棋の起源、大型将棋史、摩訶大将棋の復刻、呪術と摩訶大将棋、玉将=薬師如来説、大将棋の復刻です。

 解説の資料および題材として、将棋史に関するすべての論文(日本で出版された論文のみ)を揃えておきます。加えて、ほぼすべての将棋史関連書籍、ほぼすべての古文書(将棋史関連のみ)、出土駒に関する資料も持って行きます。資料のリストは、後日、本稿からのリンクにて論文名、書名等を一覧します。

 ポスター展示で興味を持たれる話題には、関連する論文や書籍を、その場ですぐ読んでいただけます。できれば、資料の全部を机の上に並べておきたいのですが、対局会もありますし、スペースが足りません。たぶん、いくつかの箱の中に入れておいて、その都度、スタッフの方からお渡しする形になると思います。

 

対局会:

 体験対局コーナーのほか、トーナメント戦(プリンセス金魚杯)の準決勝、決勝を行う予定です。準々決勝までは、ネットワーク対局(今回、はじめて採用)も取り混ぜて実施します。予選ができればいいかも知れません。勝ち上がりは、たぶん、関西在住のメンバーになると思いますが、もし、遠方の方が残る場合、準決勝、決勝もネットワーク対局で対応したく思います(来ていただくのも大歓迎です)。後日、本ブログにて日程をアナウンスさせていただきますが、摩訶大将棋をやり始めの皆様も是非ご参加下さい。

 

摩訶大将棋の駒将棋盤

 1)天童の駒師さんに書いていただいた黄楊の駒 & 杉の将棋盤

 2)コンピュータ摩訶大将棋 & 水平ディスプレイ

 3)

 

更新履歴

2018-02-16 開催時間を3日間とも18:00までに変更